比企尼(ひきのあま)~わかりやすい解説【鎌倉殿の13人】源頼朝の乳母

比企尼とは

比企尼 (ひきのあま)は、平安時代末期から鎌倉時代初期に大事な役目を果たした女性です。
比企尼の実名はわかっておらず、一般的に、父母も不明なため、出自は不詳ですが、藤原氏出身の可能性もあります。
結婚相手は、主に、京にて朝廷に仕えていた、比企掃部允(ひき-かもんのじょう)となります。

比企尼

比企氏(ひきし)は武蔵国比企郡(埼玉県比企郡と東松山市)が所領であり、下野と武蔵の国司だった藤原秀郷の末裔を称しております。
ただし、普段は京にいたようで、夫の比企掃部允は、官職が「掃部允」(かもんのじょう)ですので、朝廷(宮中)にて、宮中行事や、殿中の清掃、設備管理などの指揮を執っていた可能性もあります。

比企掃部允の出自に関しては、下記をご参照頂けますと幸いです。

比企掃部允の解説~謎の出自に迫ってみると阿波・佐藤氏出身か?

なお、比企氏は、後白河天皇にも近かった、源氏の棟梁・源義朝とも親しかったようで、1147年に、源頼朝の正室・由良御前が、源頼朝を産むと、乳母として、比企尼が出仕しました。
乳母はほかに、摩々尼(ままのあま)、寒川尼/寒河尼(八田宗綱の娘)、山内尼(山内俊通の妻)と、もう一人、三善康信の叔母が付き添っていますが、明確に何名だったのかはわかっていません。



そして、1159年、源頼朝が伊豆配流となった際に、比企掃部允(ひき-かもんのじょう)が、妻・比企尼と共に、京から領地の比企郡に入ります。
それからも、比企掃部允と比企尼(比企禪尼)は、領地から得た税収から、1180年秋まで、約20年間も、源頼朝に仕送りを続けたとありますので、恐らくは、最初から支援する目的で、京を離れたと考えられます。

函南・高源寺

下記の場所は、伊豆・函南(かんなみ)にある高源寺です。
高源寺の近くには、比企尼の伊豆の屋敷があったとされ、境内には、比企尼の宝篋印塔もありました。

比企尼の宝篋印塔

この函南・高源寺では、源頼朝が文覚(遠藤盛遠)が、源氏再興の密議を行った寺とも伝わります。
また、源頼朝が、石橋山へ進軍する際の「軍勢ぞろいの地」とも、伝えられている模様です。



比企尼には、3人の娘がおります。

長女・丹後内侍は惟宗広言と密かに通じて、島津氏の祖である島津忠久を産んだともされます。
その後、丹後内侍は離縁し、安達盛長と結婚すると、生まれた娘は、源範頼(源義朝の6男)の正室となりました。

次女・河越尼は、同じ武蔵の有力者である河越重頼の正室になって、源頼家の乳母を務めたほか、娘・郷御前が、なんと、源義経に嫁いでいます。

三女は名前不明ですが、伊東祐清に嫁いで、死別したあと平賀義信に再嫁し、子の平賀朝雅を設けたほか、姉(次女)と一緒に、源頼家の乳母にもなりました。

このように、比企尼の娘たちの嫁ぎ先も、強力に、源頼朝を支援する関係を築いたと言えます。
丹後内侍が産んだ島津忠久は、源頼朝の落胤とする説を、その後、島津氏は唱えています。
ただし、源頼朝の挙兵前に死去したと考えられる、比企掃部允には男子がいなかったようで、比企尼は、妹の嫁ぎ先である阿波・氏原氏の子?である能員を猶子(養子)として、比企氏の家督を継がせました。
この養子が「比企能員」と言う事になりますが、あわ出身(阿波国または安房国)とあります。
比企能員の正室は、渋河兼忠の娘と考えられますが、他にも妻がおります。
分かっているだけですと、若狭局を産んだ片山行時の娘、比企能本を産んだ三浦氏の娘と考えられます。
子は、余一兵衛尉、比企宗員、比企時員、比企五郎、比企能本、河原田次郎、若狭局・讃岐局、笠原親景の正室、中山為重の正室、糟屋有季の正室と、たくさんいますので、他にも側室や後妻などがいた可能性があります。
新編相模風土記稿によると「比企能員の娘・讃岐局は、最初若狭局という」とあるため、若狭局は、後年、讃岐局と呼ばれた同一の女性と考えられます。

1182年8月12日、鎌倉・大倉御所の東にあったと言う比企能員の屋敷にて、北条政子は、源頼朝の嫡男・万寿(源頼家)を出産します

比企能員の屋敷跡付近

この時、比企能員は源頼家の乳母父となり、源頼家が誕生した際には、最初の乳付けの儀式として、比企尼の次女である河越重頼の正室が行いました。
また、前述のとおり、比企尼の三娘である平賀義信の正室もや、比企能員の正室・渋河兼忠の娘も、源頼家の乳母となりました。

1189年7月の奥州征伐にて、比企能員は、北陸道(下道)の大将軍として参陣していますが、その前には、すでに、比企尼は亡くなっていると考えられます。

2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、比企尼(ひきのあま)を、大女優の草笛光子さんが演じられます。
比企能員は俳優の佐藤次郎さん、妻で渋河兼忠の娘と考えらる「道」(みち)と言う正室は、女優の堀内敬子さんが、演じます。

比企尼の出自

比企尼 (ひきのあま)の出身・出自は、一般的に不明ですが、2つのヒントがあります。

まず一つ目は、三善康信 (みよし-の-やすのぶ)関連です。
三善康信は、下級貴族で公家ですが、父・三善康光の妻である母親が、源頼朝の乳母の妹であるとあります。
すなわち、源頼朝の乳母を務めた女性の妹が、三善康信を産んだと言う縁があります。
そのため、源頼朝が伊豆に流されると、月に3回、京都の情勢を書状で知らせていたと言います。
1180年、以仁王の挙兵すると、源氏追討計画があるので、早く奥州へ逃げるよう、源頼朝に知らせたとあります。
このような情報があり、討たれる前に、源頼朝は、挙兵する決意をしたと言う事になります。
鎌倉にて武家政権を作る過程で、三善康信は鎌倉に呼ばれて、初代の問注所・執事となりました。
<注釈> 問注所(もんちゅうじょ)とは、訴訟事務を管轄する機関。
弟・ 三善康清は、公事奉行を務めています。

このように、重用された三善康信ですが、母の姉である源頼朝の乳母が、誰なのかは、判明していません。
しかし、消去法で考えてみますと、下記の通りになります。

比企尼、寒河尼、山内尼など乳母の中で、出自がよくわからないのは、比企尼。
山内尼に関しては、中村氏の娘・摩々局の可能性があり、寒河尼は八田宗綱の娘とハッキリわかっています。
比企尼に関しては、出自がよくわかりませんが、伊豆の源頼朝を経済的に20年以上、支援しました。



比企尼が、京の誰かに、常に情報を知らせるようにと、頼んだとしたら、当然、血縁がある者に頼むでしょう。
となると、三善康信の母の姉(源頼朝の乳母)が、比企尼である可能性は、充分に考えられる次第です。
ただし、確証できる証拠のようなものは、発見されていません。

もうひとつは、阿波・佐藤氏関連か、藤原氏関連となります。

古代氏族系譜集成に下記のような記述があります。

掃部允遠宗(比企郡司、実は藤原有清男。妻藤原公員妹・号比企尼、頼朝公乳母)
藤四郎能員(比企判官、実は藤原公員男。兄は比企藤内朝宗。妹は惟宗広言妻・島津忠久・忠季を生む)

上記から検証しますと、比企尼の夫である比企掃部允は、平安末期の関東では、必ずポイントになる、平将門を破った、藤原秀郷の子孫「阿波・佐藤氏」と言えます。
当初は讃岐・佐藤氏で、もともと藤原氏を称していましたが、佐藤公清のときに「左衛門尉」に任じられ、その子・佐藤季清と、孫・佐藤康清も左衛門尉になったので、官名の「左」と藤原の「藤」から「佐藤さん」と呼ばれるようになりました。
佐藤康清の子・佐藤義清(佐藤左衛門尉義清)は、紀伊国田仲荘(和歌山県紀の川市)を領し、平清盛と同じく北面の武士であったが、武士を辞めて出家し、西行(西行法師)になったエピソードは有名なところです。

例えば、佐藤公清 の 4男・佐藤公郷の養子となった佐藤資清(佐藤助清)がおり、その子は首藤資通は源義家に従って、滝口刑部丞(内裏警護)として源義朝に従った山内首藤俊通となり、山内首藤俊通の娘・山内尼(摩々局)は、源頼朝の乳母を務めました。
山内首藤氏も、相模国出身で、例のとおり、藤原秀郷の後裔を称しているところです。
藤原秀郷の子孫は、佐藤氏をはじめ、足利氏・小山氏・結城氏・佐野氏・大友氏・波多野氏・松田氏・小野寺氏・尾藤氏・首藤氏・山内氏・伊賀氏・伊藤氏、那須与一宗隆も、この佐藤資清(佐藤助清)の系統におさまります。

比企掃部允遠宗になった佐藤有清の父?・佐藤公広は、肥前・後藤氏(後藤則明の養子)になったようで、源頼信・源頼義に従っていました。
この肥前・後藤氏は、のち、武蔵国比企郡野本をなぜか領地にする、野本基員と共通の先祖・藤原利仁を持ちます。
こうして、佐藤有清が、比企氏の家督を継いで、比企遠宗(比企掃部允遠宗)になったものと推測されます。
佐藤姓であったが、もとは藤原氏なので、藤原有清と記載されていても、おかしくはなところです。



さて、問題なのは、比企尼の出自としている藤原公員です。
古代氏族系譜集成では、比企能員も、藤原公員の子としていますので、前述した三善康信の話である、比企尼の姉妹が産んだのが比企能員と言う事ではありません。
しかし、藤原公員(ふじわら-きみかず)は、比企尼の兄でもあり、比企能員の父でもあるとしている部分は、しっかり検証する必要があります。
しかし、あっさり見つかったと思いきや、100年くらい前の人物で、時代が合わず、該当するような裏付けが取れませんでした。
佐藤姓・佐藤公員として調べても、わかりませんでした。
ただ、この時代、藤原北家の藤原氏でも、名前に「公」の字を比較的、よく使用しているのがよくわかりました。

また、比企尼の長女・丹後局は、京の官僚・惟宗広言の妻になっているので、比企氏じたいが最初、京にて暮していた可能性は高いでしょう。
そのため、比企尼の兄とされる藤原公員は、京にて生活している藤原氏か、領地は地方でも、武士として京にいた佐藤一族の関係者だとも考えられます。
となると、比企の尼は、京の藤原氏・佐藤氏関連が出自だと考えるのが、妥当なのかも知れません。



比企能員(比企藤四郎能員)の出身に関しても、愚管抄では「阿波国」が出自としているため、それをまともに捉えれば、比企尼も、阿波・佐藤氏の一族だった可能性も捨てきれません。

比企能員(ひき-よしかず)の解説 北条氏にハメられた?【比企能員の変】
5分でわかりやすい【源頼朝】の解説「鎌倉幕府・征夷大将軍・鎌倉殿」旧相模川橋脚も (鎌倉殿の13人)
蛭ヶ小島 源頼朝配流の地
丹後内侍 丹後局 2人の解説【島津忠久の母】
伊豆【高源寺】の解説~源頼朝挙兵軍勢ぞろいの地とも
河越重頼の解説【妻・河越尼】娘・郷御前は源義経の正室になるも
鎌倉・妙本寺(みょうほんじ)の解説~一幡の袖塚・比企一族供養塔・竹御所の墓・蛇苦止堂【鎌倉・比企氏館】
伊東祐清をわかりやすく3分で解説~八重の兄で源頼朝を逃がすも(鎌倉殿の13人)
阿野全成の解説 源頼朝の兄弟で母は常盤御前
3分でわかる【文覚】文覚上人の解説(鎌倉殿の13人)~源頼朝に挙兵を促した僧侶
比企朝宗の解説【鎌倉殿の13人】比企一族で姫の前の父
比企能員の娘【若狭局】(讃岐局)~次期将軍・源一幡の母
比企掃部允の解説~謎の出自に迫ってみると阿波・佐藤氏(藤原氏)出身か?
野本氏の謎【野本基員】京から武蔵・比企郡野本に突然現れた鎌倉御家人
源媄子(竹御所・源鞠子)の解説~2代将軍・源頼家と若狭局との娘
比企能員の妻~鎌倉殿の13人で堀内敬子さんが演じられる「道」(みち)と言う女性とは?
牧の方 (北条時政の継室) 解説【流れをわかりやすく】
北条政子の解説【尼将軍と呼ばれた御台所】鎌倉殿の13人
源頼家の解説~5分でよくわかる鎌倉幕府第2代将軍「2代目鎌倉殿」
比企尼の謎の出自や出身を調査~大中臣倫兼の長女か?