比企尼(ひきのあま)の解説【鎌倉殿の13人】源頼朝の乳母

目次 contents
  1. 比企尼とは

比企尼とは

比企尼 (ひきのあま)は、平安時代末期から鎌倉時代初期に大事な役目を果たした女性です。
比企尼の実名はわかっておらず、父母も不明なため、出自は不詳です。
しかし、比企掃部允(ひき-かもんのじょう)の正室になったことから、晩年は比企尼と呼ばれた模様です。

比企尼

比企氏(ひきし)は武蔵国比企郡(埼玉県比企郡と東松山市)が所領であり、下野と武蔵の国司だった藤原秀郷の末裔を称しております。
ただし、普段は京にいたようで、夫の比企掃部允は、官職が「掃部允」(かもんのじょう)ですので、朝廷(宮中)にて、宮中行事や、殿中の清掃、設備管理などの指揮を執っていた可能性もあります。
そのため、後白河天皇にも近かった、源氏の棟梁・源義朝とも親しかったようで、1147年に、源頼朝の正室・由良御前が、源頼朝を産むと、乳母として、比企尼、寒河尼(八田宗綱の娘)、山内尼(山内俊通の妻)が付き添いました。

そして、1159年、源頼朝が伊豆配流となった際に、比企掃部允(ひき-かもんのじょう)が、妻・比企尼と共に、京から領地の比企郡に入ります。
それからも、比企掃部允と比企尼は、領地から得た税収から、1180年秋まで、約20年間も、源頼朝に仕送りを続けたとありますので、恐らくは、最初から支援する目的で、京を離れたと考えられます。

比企尼には、3人の娘がおります。

長女・丹後内侍は惟宗広言と密かに通じて、島津氏の祖である島津忠久を産んだともされます。
その後、丹後内侍は離縁し、安達盛長と結婚すると、生まれた娘は、源範頼(源義朝の6男)の正室となりました。

次女・河越尼は、同じ武蔵の有力者である河越重頼の正室になって、源頼家の乳母を務めたほか、娘・郷御前が、なんと、源義経に嫁いでいます。

三女は名前不明ですが、東祐清に嫁いで、死別したあと平賀義信に再嫁し、子の平賀朝雅を設けたほか、姉(次女)と一緒に、源頼家の乳母にもなりました。

このように、比企尼の娘たちの嫁ぎ先も、強力に、源頼朝を支援する関係を築いたと言えます。
丹後内侍が産んだ島津忠久は、源頼朝の落胤とする説を、その後、島津氏は唱えています。
ただし、源頼朝の挙兵前に死去したと考えられる、比企掃部允には男子がいなかったようで、比企尼は甥の能員を猶子(養子)として比企氏の家督を継がせました。
この養子が「比企能員」と言う事になりますが、あわ出身(阿波国または安房国)とあります。
比企能員の正室は、渋河兼忠の娘で、子は、余一兵衛尉、比企宗員、比企時員、比企五郎、比企能本、河原田次郎、若狭局、讃岐局、笠原親景の正室、中山為重の正室室、糟屋有季の正室がいます。

1182年8月12日、鎌倉・比企ヶ谷にある比企能員の屋敷にて、北条政子は、源頼朝の嫡男・万寿(源頼家)を出産します。
この時、比企能員は源頼家の乳母父となり、源頼家が誕生した際には、最初の乳付けの儀式として、比企尼の次女である河越重頼の正室が行いました。
また、前述のとおり、比企尼の三娘である平賀義信の正室もや、比企能員の正室・渋河兼忠の娘も、源頼家の乳母となりました。

1189年7月の奥州征伐にて、比企能員は、北陸道(下道)の大将軍として参陣していますが、その前には、すでに、比企尼は亡くなっていると考えられます。

2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、比企尼(ひきのあま)を、大女優の草笛光子さんが演じられます。
比企能員は俳優の佐藤次郎さん、渋河兼忠の娘と考えらる「道」(みち)と言う正室は、女優の堀内敬子さんが、演じます。

比企能員(ひき-よしかず)の解説 北条氏にハメられた?【比企能員の変】
源頼朝の生涯【鎌倉幕府・征夷大将軍】旧相模川橋脚も
蛭ヶ小島 源頼朝配流の地
丹後内侍 丹後局 2人の解説【島津忠久の母】
河越重頼の解説【妻・河越尼】娘・郷御前は源義経の正室になるも
阿野全成の解説 源頼朝の兄弟で母は常盤御前
牧の方 (北条時政の継室) 解説【流れをわかりやすく】
北条政子とは【尼将軍と呼ばれた御台所】
源頼家 5分でよくわかる解説【鎌倉幕府第2代将軍】