伊東祐清をわかりやすく3分で解説~八重の兄で源頼朝を逃がすも(鎌倉殿の13人)

目次 contents
  1. 伊東祐清とは

伊東祐清とは

伊東祐清(いとう-すけきよ)は、平安時代末期の武将で、伊豆の豪族・伊東祐親の次男。
伊東祐兼、伊東祐長、伊東祐氏、伊東祐忠とも書き、通称は伊東九郎。
母の名や生没年は不詳。
兄に河津祐泰、妹に八重姫がいるほか、姉かどうかは不明だが、万劫御前も兄弟。

伊東祐清

源頼朝が伊豆に流罪となった際、最初は、伊東荘にいた可能性もあり、伊東祐清は知遇を得たと考えられる。
そのためか、伊東祐清は、比企尼の3娘を妻とした。
<注釈> 比企尼は、源頼朝の乳母で、伊豆で経済支援も行っていた。

父・伊東祐親が大番役で京にいて、伊豆を留守していた際に、妹・八重姫が源頼朝と結ばれ、千鶴丸という男子をもうけたとされる。
1175年9月、京から戻った父・伊東祐親は、激怒し、千鶴丸を殺害したほか、八重姫を江間小四郎に嫁がせた。
更には、源頼朝も、殺そうと計画したため、伊東祐清は、源頼朝に危険を知らせたとされる。
こうして、源頼朝は走湯権現(伊豆山権現・伊豆山神社)へ逃れ、のち、北条時政北条荘にて、生活したものと考えられる。
曽我物語では、源頼朝が、伊東祐清の烏帽子親を務めたともあり、北条時政を頼るように勧めたとある。
<解説> 烏帽子親(えぼしおや)と言うのは、元服の儀式を行った際に、偉い人(身分の高い人)に、仮の親になってもらい、頭に烏帽子を被せてもらい、成人したことを認めてもらうもの。この仮親のことを烏帽子親と言う。
なお、源頼朝から離された八重姫は、江間小四郎に嫁いだとされる。



なお、伊東荘は、かつて工藤祐経が領主であり、父・伊東祐親が後見していた。
しかし、本来の嫡流は、父・伊東祐親であったことから、工藤祐経が平氏に仕えて上京している間に、父・伊東祐親が、伊東荘を横領し、工藤祐経に嫁がせた自身の娘・万劫御前も離縁させ、土肥遠平に再嫁させている経緯があった。
そのため、京にて恨みを忘れない工藤祐経は、父・伊東祐親の暗殺を計画した。

安元2年(1176年)10月、命を受けた、大見成家(大見小藤太)と八幡行氏(八幡三郎行氏)が、伊東祐親の暗殺を実行。
父・伊東祐親は無事だったが、兄・河津祐泰が射殺されてしまった。

なお、夫・河津祐泰を亡くした妻(横山党・横山時重の娘)は、幼子の一萬丸(曾我祐成)と箱王(曾我時致)の兄弟を連れて、曾我祐信に再嫁。
この兄弟が、のちに曾我兄弟として、世に知られる事になった。

こうして、次男だった伊東祐清は嫡子として、伊東荘を継ぐ立場となっている。

それから4年後、源頼朝が挙兵したが、父・伊東祐親は、平氏勢の大庭景親らに味方し、石橋山の戦いにて、源頼朝らを挟み撃ちして勝利している。
恐らく、伊東祐清も父に従っていたことだろう。

しかし、房総に逃れた源頼朝は、豊島清元、葛西清重、足立遠元河越重頼、江戸重長、畠山重忠ら味方を増やして鎌倉を占拠。
最初は、平氏側だった坂東武士も、多くが源頼朝のもとに走り、伊東氏は、逆に追われる立場となった。
平清盛が追討軍を派遣したため、富士川の戦いになる直前くらいの、1180年10月19日(11月8日)、伊東氏は、伊豆から船を出にて平維盛と合流図ったが、伊東祐親・伊東祐清の父子は、源氏側に捕らわれてしまった。

その頃、富士川の戦いでは、平氏が大敗北を喫し、形勢は逆転。
父・伊東祐親は、娘婿である三浦義澄に預けられたため、伊東祐清も同様だと考えられるが、捕らわれの身となった。



その頃、源頼朝の正妻・北条政子が懐妊したため、三浦義澄が助命を願い出ると、伊東氏は、命を許された。
しかし、父・伊東祐親は、かつて源頼朝を殺害しようとしたこともあり「以前の行いを恥じる」と言って、自害したと言う。

源頼朝は、残された伊東祐清に対して、かつて自分を助けた事もあり、逆に「恩賞」を与えようとした。
しかし、伊東祐清は、父が頼朝の敵となって自刃した以上、その子である自分が恩賞を受ける事は出来ないとして拒否。
その後に関しては、諸説あるが、下記の通り、ご紹介したい。

牢から解き放たれた伊東祐清は、平家に味方するために上洛したとれされ、吾妻鏡によると、平氏勢として北陸方面で、木曽義仲らと戦い、討ち死にしたとある。
ただし、同じ吾妻鏡では、伊東祐親が自害した際に、伊東祐清も、自ら死を願ったため、処刑されたとも記載されている。

なお、平家物語(覚一本)では、篠原合戦で伊東祐氏(伊東九郎祐氏)が討ち死にしたとある。
篠原の戦い(しのはらのたたかい)は、1183年6月1日に、平維盛と木曽義仲が、加賀・篠原にて戦ったもの。



妻だった比企尼の娘(名前不詳)は、平賀義信に再嫁すると、子の平賀朝雅を設けたほか、姉(比企尼の次女)と一緒に、源頼家の乳母も務めた。

伊東荘は、工藤祐経が取り戻した。
そして、兄・河津祐泰の遺児である曽我兄弟は成長すると、工藤祐経を闇討ちするのである。

同じ次男でも、執権へとなった北条義時と比べると、伊東祐清は、かわいそうな運命だったと言えよう。
2022年NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、俳優の竹財輝之助さんが、伊東祐清を演じられる。

5分でわかりやすい【源頼朝】の解説「鎌倉幕府・征夷大将軍・鎌倉殿」旧相模川橋脚も (鎌倉殿の13人)
曽我兄弟の仇討ちの解説【分かりやすい経緯】工藤祐経と伊東祐親の遺恨
伊東祐親の解説~八重姫の父で源頼朝の命を狙った伊東氏
八重姫(伊東祐親の3女)の解説~源頼朝の子をなすも悲運の女性
河津城 伊豆・河津郷の河津桜を見下ろす山城
走湯権現【伊豆山神社】歴史をわかりやすく解説~源頼朝と北条政子の腰掛石など
土肥実平と土肥遠平(小早川遠平)~湯河原・城願寺の土肥一族の墓
わかりやすく【工藤祐経】解説~工藤氏の内紛から曾我兄弟の仇討ちへ~オリジナル家系図あり