わかりやすく【工藤祐経】解説~工藤氏の内紛から曾我兄弟の仇討ちへ~オリジナル家系図あり

目次 contents
  1. 工藤祐経とは

工藤祐経とは

工藤祐経(くどう-すけつね)は、平安時代末期の武将で、工藤祐継(工藤祐次)の嫡男として1147年頃に生まれた。
当時の工藤氏は、伊豆で最大勢力でしたが、祖父・工藤祐隆(くどう-すけたか)のとき、正式な後継者指定に失敗したと言え、のち鎌倉幕府を巻き込んだ、曾我兄弟の仇討ちに繋がってしまう。

工藤祐経

祖父・工藤祐隆(工藤家次)は、久須美荘(伊東荘・宇佐美荘・大見荘・河津荘など)の領しており、出家すると、久須美入道と号した。
嫡男・伊東祐家(すけいえ)に伊東荘を与え、工藤茂光は狩野荘に入り狩野茂光となった。
また、祖父・工藤祐隆(久須美入道)は、大見城主・大見家政の娘・大見玉江(玉枝姫)を後妻に迎えた。
この大見玉江(玉枝姫)も、再婚だったようで、連れ子となる八田宗基の娘が、工藤祐継を産んだとされ、養子にしたともある。
<注釈> 祖父・工藤祐隆が、大見玉江に産ませた子とする説もあるなど、諸説あり詳しくは不明。八田宗基は大見荘・関野。

とても、わかりにくいので、工藤氏・伊東氏の家系図を製作したので、よければ、ご高覧賜りたい。
※当サイトでは、パソコンなど大きな画面にて、記事中写真・画像をクリックすると、拡大表示される。

工藤祐経の家系図

そして、不幸にも、嫡流の伊東祐家が若くして亡くなり、子の伊東祐親がまだ幼い時に、祖父・工藤祐隆が危篤となった。
この時、工藤祐隆の遺言により、年上の工藤祐継が、本領とも言える伊東荘・宇佐美荘を継ぎ、伊東氏(工藤氏)の嫡流筋であるが、まだ幼かった伊東祐親は、河津荘を与えらた。

このように、伊東庄・宇佐美庄を受け継いだ工藤祐継の子が、この記事にて、ご紹介している工藤祐経(くどう-すけつね)となる。
その工藤祐経の弟が、宇佐美祐茂であるため、弟は宇佐美を領したと考えられる。(すべてにおいて諸説あり)
工藤祐経の父・工藤祐継がなくなると、まだ若かった工藤祐経を、伊東祐親が後見した。



元服した工藤祐経は、伊東祐親の娘・万劫御前を正室とし、伊東祐親と上洛すると、平重盛に仕えた。
しかし、伊東祐親は、本来であれば、自分が嫡流筋であり、不満を持っていたとされ、工藤祐経が、京にいる間、伊豆に戻っていた伊東祐親は、工藤氏の伊東荘を押領する。
嫁がせていた万劫御前も、離縁させると、土肥遠平に再嫁させてしまった。
<余談> 土肥遠平(どひ-とおひら)の土肥氏は、小田原の小早川村から安芸国に移り、戦国時代の小早川氏に繋がる。

伊豆に戻ることもできなくなった、工藤祐経は、都に留まり、何度も、訴訟(裁判)に訴えて、旧領回復を目指す。
しかし、伊東祐親の根回しもあったとされ、訴訟はうまく行かなかった。
そのため、工藤祐経は、大見成家と八幡行氏(八幡三郎行氏)に、伊東祐親の暗殺を命じた。
1176年、伊東祐親を討ち漏らすも、伊東祐親の嫡子・河津祐泰を射殺している。

夫・河津祐泰を亡くした妻(横山党・横山時重の娘)は、幼子の一萬丸(曾我祐成)と箱王(曾我時致)の兄弟を連れて、曾我祐信に再嫁。
この兄弟が、のちに曾我兄弟として、世に知られる事になる。

1180年8月、源頼朝が挙兵した際に、伊東祐親と次男・伊東祐清は、平氏側として一貫して戦っており、富士川の戦いのあとに、捕らえられて自刃した。
かつて、伊東祐親の娘・八重姫と源頼朝が恋仲となった際に、伊東祐親は源頼朝を殺害しようとした。
その時、伊東祐親の次男・伊東祐清(いとう-すけきよ)は、源頼朝に危険を知らせて逃がしていたため、源頼朝は助けようとした。
しかし、父が自害した以上は、自らも死を願ったともされている。
伊東祐清の妻・比企尼の3娘は、幼い河津祐泰の子を引き取っていて、平賀義信に再嫁した。



工藤祐経の弟・宇佐美祐茂は、最初から源頼朝に従っており、本領を安堵されている。
こうして、伊東祐親が自害したあと、工藤祐経は鎌倉の源頼朝に臣従し、宇佐美祐茂の仲介なども受けて、伊東荘を取り返したと考えられる。

そして、工藤祐経は、平氏討伐で、源範頼の軍勢に加わっている。
鎌倉幕府の中では、長年、都にいて、精通している経験を期待され重用されたようで、1192年、源頼朝が征夷大将軍に就任した際には、勅使へ引き出物の馬を渡す名誉な役回りを担当している。

エピソードとしては、1190年7月、鎌倉・大倉御所にて「双六の会」が開催された際の話がある。
遅れてきた工藤祐経は、座る場所がなかったので、先に座っていた15歳の加地信実を、抱え上げて席から外させた。
これに、加地信実は怒って、石礫を持ってきて、高齢だった工藤祐経の額を叩いて、鎌倉から離れたと言う。

源頼朝は怒り、加地信実の実父・佐々木盛綱に、子の身柄を引き渡しを要求したが、佐々木盛綱は、既に義絶(縁を切った)したとして、謝罪ゆ引き渡しをを拒否した。
これに対し、工藤祐経は、佐々木親子に怨みを持たないと述べて、源頼朝を安心させている。



1193年5月、源頼朝は富士の裾野にて、大規模な巻狩りを行い、工藤祐経も参加たた。
巻狩りの最終日である5月28日深夜、遊女らと共に宿舎で休んでいた所を、曽我祐成(22歳)・曽我時致(19歳)の兄弟が屋敷に押し入り、工藤祐経は兄弟の父・河津祐泰の仇として、討たれた。
工藤祐経が仲介して御家人となっていた備前・吉備津神社の神官・王藤内も、命を落としている。

曽我祐成は、現場で仁田忠常が討ち取り、曽我時致は、捕えられた。

この襲撃は、鎌倉に、源頼朝が襲われたと第1報が届き、驚いた北条政子に「あとは心配なく」と言う趣旨を述べた、源範頼が謀反を疑われ、修善寺に幽閉されたあと殺害されることになった。

また、騒動後に、調査をした結果、源頼朝は、曾我時致を助命しようと考えた。
しかし、工藤祐経の子の犬房丸が、泣いて訴えたため、曾我時致の身柄は引き渡され、斬首となっている。



涙で訴えた、工藤祐経の子・犬房丸は、元服すると伊東祐時と伊東氏を称し、子孫は日向国へ移り住むと、戦国大名の日向・伊東氏/飫肥藩主と続いている。
他にも、工藤祐経の子は、安積祐長、伊東祐光がいる。

2022年NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、俳優の坪倉由幸さんが、工藤祐経を演じられる。

5分でわかりやすい【源頼朝】の解説「鎌倉幕府・征夷大将軍・鎌倉殿」旧相模川橋脚も (鎌倉殿の13人)
曽我兄弟の仇討ちの解説【分かりやすい経緯】工藤祐経と伊東祐親の遺恨
仁田忠常の解説【鎌倉殿の13人】北条氏に味方するも
伊東祐親の解説~八重姫の父で源頼朝の命を狙った伊東氏
宇佐美祐茂の解説(宇佐美助茂・宇佐美三郎)~宇佐美館主で源頼朝の側近
伊豆・狩野城~工藤茂光と最後の城主である狩野道一
伊東祐清をわかりやすく3分で解説~八重の兄で源頼朝を逃がすも(鎌倉殿の13人)
八重姫(伊東祐親の3女)の解説~源頼朝の子をなすも悲運の女性
河津城 伊豆・河津郷の河津桜を見下ろす山城
土肥実平と土肥遠平(小早川遠平)~湯河原・城願寺の土肥一族の墓
伊豆・大見城の解説~大見実政(大見平次実政)や大見三人衆
宇佐美城の解説【宇佐美祐茂の本拠地・宇佐美荘】