仁田忠常の解説【鎌倉殿の13人】北条氏に味方するも

目次 contents
  1. 仁田忠常とは

仁田忠常とは

仁田忠常 (にった-ただつね)は、平安時代末期から鎌倉時代の武将で、伊豆国仁田郷(静岡県田方郡函南町)を与えられていました。
藤原南家流の仁田氏ですが、父・母は不詳です。
姓は「にたん」ともよみ、漢字は新田とも書きます。

2022年NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、お笑いコンビ「ティモンディ」の高岸宏行さんが、仁田忠常を演じられます。
下記の写真は、伊豆・仁田館跡になります。

仁田忠常

仁田忠常(新田四郎忠常、仁田四郎忠常)は、治承4年(1180年)、13歳のときに、源頼朝の挙兵に加わり、山木判官・平兼隆邸の夜襲にて初陣。
そして、鎌倉幕府樹立・平家討伐に、尽力して行きました。

1185年には、源範頼に従って転戦し、特に西海(九州)で戦功があり、北条義時・小山朝政・小山宗政・中原親能・葛西清重・加藤景廉工藤祐経宇佐美祐茂天野遠景比企朝宗比企能員らと、源頼朝から感状を受けています。



文治3年(1187年)、20歳の仁田忠常が、重病となって死の淵をさまよった際には、源頼朝が自ら、病気見舞いをしていることから、信頼も厚かったことが、伺えます。

文治5年(1189年)、奥州の藤原氏攻めでも活躍し、1193年、愛甲三郎らが負傷した、曾我兄弟の仇討ちでは、源頼朝暗殺とも思える寝所侵入を防ぐため、兄の曾我祐成(曽我十郎祐成)を討ち取っています。
また、仁田忠常は、富士の巻狩での猪退治といった、富士山の人穴探検などエピソードが多くあります。

源頼朝が亡くなると、引き続き、鎌倉幕府2代将軍・源頼家に仕えます。
そして、源頼家の嫡男・源一幡が生まれると、仁田忠常が乳母父となりました。

建仁3年(1203年)9月2日、源頼家が危篤になり、比企能員の変(比企の乱)が勃発します。
この時、仁田忠常は、北条時政の命に従い、北条時政邸に呼び出された、比企能員を、天野遠景と共に謀殺しました。
その後、比企一族は、ことごとく処罰されています。

それから3日後の9月5日、源頼家の病が回復すると、今度は逆に、源頼家から、北条時政討伐の命を和田義盛と共に受けます。
和田義盛はこれを北条時政に報告して内通します。
しかし、仁田忠常はあいまいな態度を示しており、翌晩、源頼家の特命を受けつつ、比企能員を討取った恩賞を受けに、北条時政の名越邸へ向かいました。
ところが、夜になっても、なかなか屋敷から、出てこないめ、舎人が不審に思って、仁田屋敷に戻り、弟・仁田五郎と仁田六郎(仁田忠時)に報告します。
弟らは、将軍・源頼家が、北条時政の追討を命じたのが、漏れて、兄・仁田忠常が、討たれたと勘違いしたようで、急ぎ北条義時邸に駆け付けたため、北条家によって討ち取られました。

この時、仁田忠常は、名越邸を出て、屋敷に戻る途中だったようで、弟らが討ち取られたと知ると「もはやこれまで、こうなっては命を捨てよう」と、御所に参上しようとしたため、加藤景廉によって討たれました。享年37。

この混乱の中では、堀親家、工藤行光と言った御家人も、命を落としています。



伊豆半島の入口にあたる、静岡県函南町仁田には、 現在、仁田家があります。
そこが、仁田忠常の館跡で、敷地内に墓も残されていますが、見学の際には、失礼の無いように、お願い申し上げます。

仁田館の解説~伊豆にある仁田忠常の館跡
5分でわかる「和田義盛」の要点解説
北条時政の解説(わかりやすく)~執権としての生涯と牧の方「伊豆韮山にある願成就院」
5分でわかりやすい【源頼朝】の解説「鎌倉幕府・征夷大将軍・鎌倉殿」旧相模川橋脚も (鎌倉殿の13人)
1分でわかる北条義時の解説【鎌倉殿の13人】鎌倉幕府第2代執権
天野遠景の解説~源頼朝から信頼された伊豆の鎌倉御家人
石橋山古戦場(石橋山の戦い)【源頼朝挙兵】参加武将など合戦経緯と訪問方法(駐車場)
わかりやすく【工藤祐経】解説~工藤氏の内紛から曾我兄弟の仇討ちへ~オリジナル家系図あり
曽我兄弟の仇討ちの解説【分かりやすい経緯】工藤祐経と伊東祐親の遺恨
3分でわかりやすく解説「加藤景廉」~源頼朝から信頼された武将
比企氏の乱(比企能員の変・比企能員の乱)~わかりやすく徹底解説
北條氏館跡などの伊豆韮山の北条家関連や源頼朝・北条政子の史跡巡り情報など