比企氏の乱(比企能員の変・比企能員の乱)~わかりやすく徹底解説

比企氏の乱(比企能員の変・比企能員の乱)

比企氏の乱(比企能員の変・比企能員の乱)は、鎌倉時代の1203年に発生した、北条時政と、比企能員の権力争いと言えます。
北条時政(ほうじょう-ときまさ)は、娘の北条政子が、鎌倉幕府将軍・源頼朝の正室となっており、次期将軍とも言える、子の源頼家をもうけました。また、伊豆に源頼朝が流罪となっているときから、平氏の監視役とは言え、挙兵にも味方した、功労者です。
一方、比企能員(ひき-よしかず)の比企氏からは、源頼朝が生まれた時に乳母となった比企尼が、伊豆に流罪となっていた源頼朝を経済的にも支援したほか、もちろん、1180年、挙兵の際にも、比企氏の家督を継いでいた比企能員が協力しました。
1182年に生まれた源頼家は、鎌倉・比企ヶ谷の比企能員の屋敷(比企氏館)にて北条政子が出産しており、乳母に比企尼の次女(河越重頼の妻室)、比企尼の三女(平賀義信の妻)、比企能員の妻など、主に比企氏の一族から選ばれました。
このように、北条氏も、比企氏も「鎌倉殿」にかなり近い存在で、密接に関わっていることがわかります。

比企能員の変

1192年には、北条政子が源実朝(みなもと-の-さねとも)を産みますが、この時、比企氏の一族が乳母を務めた記録は無く、北条政子の妹・阿波局などが務めたようです。

乳母(めのと)とは、乳を与えるだけでなく「養育係」の役割もあり、単に養育した女性でも、まとめて乳母と呼ばれることがあった模様です。

そんなおり、1198年には、源頼家の妻妾となっていた、比企能員の娘・若狭局が、源頼家(17歳)の長男・源一幡(いちまん)を産みました。
この源一幡は、血筋的に、3代将軍になりえる武将です。

鎌倉幕府2代将軍・源頼家

その翌年、1199年に、源頼朝が死去すると、源頼家(18歳)が、鎌倉幕府の第2代将軍となりました。
ところが、有力御家人らは、源頼家が、直接訴訟を裁決する権利を停止し、北条時政・北条義時大江広元三善康信中原親能・二階堂行政・梶原景時足立遠元安達盛長八田知家・比企能員・三浦義澄和田義盛らで「13人の合議制」を敷いて、幕政を担うようになりました。
すなわち、源頼家は、お飾りの将軍になったと言って良いでしょう。



しかし、源頼家も、政所に命じて、小笠原長経、比企三郎、比企時員、中野能成ら側近に手を出してはいけない、話がある場合には、このメンバーに伝えるようにと、出来る範囲で、抵抗を示しています。
それからまもなくの1200年、源頼家に理解を示していた侍所長官・梶原景時が標的とされ、御家人66名が、梶原景時の排斥を求める連判状を、源頼家に提出しました。
このとき、力を失っていた源頼家は、梶原景時を助けることが出来ず、追放された梶原景時は、その途中で襲撃されて、一族もろとも、滅亡しました。(梶原景時の編)

源頼家の抵抗

それから3年後、1203年5月、源頼家は、源千幡の乳母・阿波局の夫で、叔父でもある阿野全成を、謀反の疑いで捕縛し、更に殺害しました。
父・源頼朝の弟である阿野全成は、北条政子の妹である阿波局(北条時政の娘)を正室にしており、北条時政・北条義時と結んで、次期将軍に、北条政子が産んでいた源実朝を、立てようとしていました。
そうなると、源頼家と、比企能員の娘・若狭局の間に生まれて板、長男・源一幡が、3代将軍になれない可能性があるため、武田信光を派遣して阿野全成を捕らえると常陸国に流刑とし、更には八田知家に命じて誅殺した次第です。
また、阿波局の引き渡しを北条氏に求めましたが、母・北条政子が引き渡しを拒否していることから、源頼家は、母(北条氏)と対立する構図になっていたのは間違いないでしょう。



なお、源頼家は、1203年7月下旬に、毒でも盛られたのか?、大江広元亭で倒れて以来、体調不良に悩まされています。
8月末には危篤状態となり、いよいよ、後継者問題が本格的となりました。
源頼家は出家して、あとを子の源一幡に譲ろうとしたともあります。
そのため、長男・源一幡と、源頼家の乳母父で外祖父にあたる比企能員が、北条時政の策略に、はまることになります。

比企能員の変(比企氏の乱)

1203年8月27日、源頼家が危篤状態のなか、北条時政らは、関西38ヶ国(伊勢・鈴鹿の関から西)の地頭職を、北条政子の子・源実朝(11歳)に与えて、関東28ヶ国の地頭職と諸国惣守護職は、源頼家の子・源一幡(5歳)が継承すると言う決定をします。
本来であれば、正統な後継者である、源頼家の子・源一幡(5歳)が、すべてを相続するところ、分割相続となったことに、比企能員は反感を抱きます。

1203年9月2日、比企能員は、娘・若狭局を通じて、病床の源頼家に、北条時政を討つように訴えました。
すると、源頼家は、比企能員を呼ぶと、正式に、北条時政追討を承諾しています。
吾妻鏡によると、この話を、北条政子が障子の影から、立ち聞きしたと言う事になっており、北条時政に危険を知らせました。
※港も頼家の近習のひとり中野能成が知らせたとも。
<注釈> この北条時政討つべしの話は、後年の作り話である可能性もある。

北条時政は、政所別当大江広元の屋敷に赴いて相談しており、大江広元は下記のように答えたと言います。

頼朝公以来、政務を補佐することはあったが、兵法については返答することはできない。
よく考えるべきではないか。

賛成の意思は示さないものの、比企氏討伐に反対はしなかったと、解釈した北条時政は、仏事(薬師如来像の供養会)の他、色々と相談したいと称し、比企能員を名越・北条時政の屋敷に呼び寄せました。



比企一族に、行くのをやめるよう、促された比企能員でしたが、行かなければ、誤解を招くし、武装しているのも、良くないだろうと「平服」で昼頃に、郎等2名・雑色5名と共に、北条氏館へ向かったと言います。
しかし、北条時政邸では、北条家の手勢が武装して待ち構えており、門を通って屋敷に入ったところ、比企能員は、天野遠景・仁田忠常によって、両手を掴まれ、竹藪に引き倒されて、誅殺されました。

ことの次第は、逃げ帰った比企能員の従者(雑色)によって、比企氏館に伝わり、比企一族は、源一幡の屋敷があった「小御所」(比企氏館の最奥部)に立て籠もりました。
この籠城とも言える行為は、まさに「謀反である」とされ、北条政子が比企討伐の命を発し、鎌倉勢の軍勢が派遣されました。

鎌倉勢(北条氏側)としては、北条義時が大将を務め、従ったのは、北条泰時、平賀朝雅、畠山重忠、小山朝政、小山宗政、小山朝光、榛谷重朝、三浦義村、和田義盛、和田常盛、和田景長、土肥維平、後藤信康、藤原朝光、尾藤知景、工藤行光、金窪行親加藤景廉、加藤景朝、仁田忠常などです。
比企勢としては、比企能員の子・比企三郎、比企時員、比企五郎、猶子の河原田次郎(児玉党河原田氏)、娘婿の笠原親景(笠原十郎左衛門尉親景)、中山為重、糟屋有季らが抵抗しました。
比企能員が殺害されてから、3時間後には、戦闘開始になったと言いますので、攻めては、かねてより、準備していた可能性もあるでしょう。

比企氏の乱

もはやこれまでと、比企一族は、館に火を放ち、源一幡の前で自決し、源一幡も焼け死んだとあります。
若狭局は、蛇苦止の池に身を投げて自害。
比企能員の嫡男・比企余一郎兵衛尉は、女装して逃走を図りましたが、道中で見つかり、加藤景廉に首を取られました。
北条時政は、大岡時親を派遣して、死骸を検分させています。

夜に入ると、比企能員の最初の正室の父とされる、渋河兼忠が誅殺されています。

翌日9月3日、比企能員の妻・妾ならびに比企能員の末子・比企能本(2歳)は、和田義盛に預けられ、のち安房国へ配流となりしまた。
小御所の跡地の死骸の下から、焼け焦げた小袖が見つかり、乳母が源一幡のものであると証言しています。
一幡の遺骨は大輔房源性によって集められ、高野山奥の院に納められました。



9月4日、小笠原長経、中野能成、細野兵衛尉が、比企氏の乱に連座して捕まりました。
糟屋有季・笠原親景や児玉党も討たれたとあります。
島津忠久は、大隅国・薩摩国・日向国の守護職を没収され、北条氏が薩摩・大隅の守護に任ぜられています。
こうして、比企氏の遺領はと守護国は、北条氏の支配下に置かれました。

比企氏滅亡後の経過

3日後の9月5日、源頼家は、危篤状態から回復し、比企氏の事件を知ります。
堀親家を使者として、和田義盛と仁田忠常に命じて、御家人らに北条時政を討つよう命じました。
しかし、和田義盛は、その書状(御教書)を携えて、北条時政の屋敷に入ります。

9月6日、仁田忠常のほうは、源頼家の命を受けながらも、比企能員追討の恩賞を受けるため、北条時政邸に向かったと言います。(恐らく呼び出された模様)
しかし、なかなか、夜になっても帰ってこなかったので、弟の仁田忠正・仁田忠時らは、兄・仁田忠常が、討たれたと勘違いしたようで、急ぎ北条義時邸に駆け付けたため、北条家によって討ち取られました。
この時、仁田忠常は、名越邸を出て、屋敷に戻る途中だったようで、弟らが討ち取られたと知ると、御所に参上しようとしたため、加藤景廉によって討たとあります。
和田義盛と仁田忠常に、書状を届けた堀親家も、同じ日に捕えられ、工藤行光によって、誅されています。

9月7日、北条政子の命により、源頼家の出家が決定。また、朝廷より、源実朝(源千幡)が征夷大将軍に補任。(早いです)
9月10日、次期将軍になる源実朝が、北条時政の屋敷に移り、御家人らに所領を安堵する文書が、北条時政から出されおり、名実ともに幕府最高権力者になりました。
9月29日、鎌倉追放となった源頼家は、伊豆・修禅寺にて幽閉となりました。

翌年、1204年7月18日、源頼家は、修善寺温泉で入浴中、金窪行親らに襲撃されて殺害されました。享年23。
北条時政は、大江広元と並び、鎌倉幕府の政所の別当となり、新将軍・源実朝の補佐を務めて行きました。



源頼家の死から約15年後の1219年1月27日、源頼家の次男で僧侶になっていた公暁(くぎょう)が、鶴岡八幡宮の境内にて「父の仇」と、3代将軍・源実朝を殺害しています。

下記でも色々と比企氏関連ご紹介させて頂いておりますので、もし、お時間が許せば、ご覧頂けますと幸いです。

比企能員(ひき-よしかず)の解説 北条氏にハメられた?【比企能員の変】
比企能員の妻~鎌倉殿の13人で堀内敬子さんが演じられる「道」(みち)と言う女性とは?
1分でわかる北条義時の解説【鎌倉殿の13人】鎌倉幕府第2代執権
比企朝宗の解説【鎌倉殿の13人】比企一族で姫の前の父
比企能本の解説~生き残り順徳天皇に仕えた比企氏出身の僧侶
源頼家の解説~5分でよくわかる鎌倉幕府第2代将軍「2代目鎌倉殿」
比企能員の娘【若狭局】(讃岐局)~次期将軍・源一幡の母
謎の【比企能員】出自・出身を探る~安房国出身の三浦一族なのか?
5分でよくわかる【北条義時】の解説~鎌倉幕府・第2代執権の生涯「小栗旬さん主演鎌倉殿の13人」
鎌倉・妙本寺(みょうほんじ)の解説~一幡の袖塚・比企一族供養塔・竹御所の墓・蛇苦止堂【鎌倉・比企氏館】