姫の前(比企朝宗の娘)が2分でわかりやすい解説(鎌倉殿の13人)

目次 contents
  1. 姫の前とは

姫の前とは

姫の前(ひめのまえ) は、鎌倉時代初期の女性で、比企朝宗の娘として生まれましたが、生年や実名などは不明です。
母は、越後局ともされます。
この母と考えられる越後局は、北条政子の官女であったとされ、1188年1月22日に、男児を出産した記録が見られます。



比企氏は、源頼朝が伊豆で流刑になっていた際に、長年、乳母・比企尼比企掃部允が経済支援していました。
また、比企尼の娘たちとして、丹後内侍安達盛長の妻、河越尼河越重頼の妻、比企尼の三女は伊東祐清の妻となり、源頼朝を強力にバックアップしています。
更に、比企尼の養子となった比企能員も、早くから源頼朝のそばにて、使えました。
しかし、姫の前(姫前)の父・比企朝宗は、源頼朝の乳母を務めた、比企禅尼の子、もしくは兄弟ともされますが、いまいちハッキリせず、同じ比企一族であること以外は不明でして、血縁関係は、無かったかも知れません。

そして、源頼朝が鎌倉幕府を開くと、大倉御所に勤める女官の一人に、比企朝宗の娘・姫の前がいました。

姫の前は、美女だったようで、御家人の間でも話題になっていたようです
吾妻鏡では「容顔太だ美麗なり」と記載されています。

昔の女性がモテるポイントとしては、色白で、ふっくらしているなどが美人の条件です。
ふくよかなのは富の象徴でして、能のお面(能面)が、理想の形に近いとされます。



北条時政の子・北条義時も、約1年、恋文を送り続けたと言います。
しかし、姫の前は、見向きもしなかったため、業を煮やした源頼朝が、間を取り持ち「絶対に離縁しません」と、北条義時に一筆書かせて、結婚の仲人を行いました。
この約定は、日本で初めての結婚誓約書とも言われています。

ちなみに、北条義時の庶長子・北条泰時は、1183年生まれで、母は阿波局と言う謎の女性です。
この阿波局も、御所で仕えていた女房だったとされます。

珍しく結婚記念日がわかっており、建久3年(1192年)9月25日、姫の前は、北条義時と結婚しています。
そして、建久4年(1193年)北条義時の次男・北条朝時が誕生し、建久9年(1198年)には3男・北条重時、生年は不詳ですが女児・竹殿も生まれました。

しかし、そんな幸せも、長くは続きませんでした。

比企能員の娘・若狭局が、1198年に、源頼家の長男である源一幡を産み、その翌年、源頼朝が死去して、源頼家が、鎌倉幕府2代将軍に就任します。
すると、北条時政・北条義時は、比企氏の権力を恐れるようになりました。

そのため、1203年、源頼家が病気で寝込んでいる間に、北条時政らによって、比企能員が殺害される「比企能員の変」となり、比企ヶ谷の比企一族は滅ぼされました。
源頼家の妻・若狭局と、その子・源一幡も、命を落としています。
その比企ヶ谷に軍勢を差し向けたのは、姫の前の夫・北条義時であったことから、離縁となった姫の前は、京の比企氏を頼ったと考えられます。

<注釈> 父・比企朝宗は、高齢だったようで、定かではありませんが、乱の前(1202年前後)に亡くなった模様です。



それからしばらくして、姫の前の動向が伺えます。
明月記と言う文献では、嘉禄2年(1226年)11月5日「源具親の子・源輔通は、北条朝時の同母弟で、鎌倉幕府から任官の推挙があった」と記載されています。
北条朝時は、姫の前が産んだ北条義時の次男で、その同母(姫の前)の弟に当たるのが、源輔通(源具親の子で、1204年生まれ)となっています。
このことから、比企能員の変のあと、姫の前はすぐに京に入って、源具親と再婚したと推測されます。

再婚した源具親(みなもと の ともちか)は、土御門天皇に仕えていた公家・歌人です。
その子が、源輔通(みなもと の すけみち)(1204年~1249年)と言う事になります。
源具親の次男・源輔時も、姫の前が産んだと考えられます。

また、明月記では、承元元年(1207年)3月30日「前日に源具親少将の妻が亡くなった」と記載されていますりので、姫の前は比企能員の変から3年あまりで、死去した模様です。



なお、若狭局の女児・源媄子 (竹御所・源鞠子) は、比企能員の変の際に、まだ幼ったこともあり、祖母・北条政子が保護したようです。
また、姫の前と離別した、北条義時は、継室として、伊賀朝光の娘・伊賀の方を、迎えており、1205年に北条政村が誕生しています。

源媄子(竹御所・源鞠子)の解説~2代将軍・源頼家と若狭局との娘
比企掃部允の解説~謎の出自に迫ってみると阿波・佐藤氏(藤原氏)出身か?
比企能員(ひき-よしかず)の解説 北条氏にハメられた?【比企能員の変】
1分でわかる北条義時の解説【鎌倉殿の13人】鎌倉幕府第2代執権
比企朝宗の解説【鎌倉殿の13人】比企一族で姫の前の父
比企能員の娘【若狭局】(讃岐局)~次期将軍・源一幡の母
謎の【比企能員】出自・出身を探る~安房国出身の三浦一族なのか?
比企氏の乱(比企能員の変・比企能員の乱)~わかりやすく徹底解説
5分でよくわかる【北条義時】の解説~鎌倉幕府・第2代執権の生涯「小栗旬さん主演鎌倉殿の13人」
鎌倉・妙本寺(みょうほんじ)の解説~一幡の袖塚・比企一族供養塔・竹御所の墓・蛇苦止堂【鎌倉・比企氏館】