2分でわかる源媄子(竹御所・源鞠子)の解説~2代将軍・源頼家と若狭局との娘

目次 contents
  1. 源媄子(竹御所)とは

源媄子(竹御所)とは

源媄子 (みなもと-の-よしこ) / 竹御所(たけのごしょ)は、鎌倉時代の1202年、源頼家の娘として生まれました。
源鞠子とも書きます。

源媄子(竹御所)

母の名前は諸説あり、源義仲の娘、美濃局(河野通信と北条時政の娘の子)ともされますが、比企能員の娘・若狭局が母親だと推測されます。
若狭局は、1198年に、源頼家の長男である源一幡を産んでいます。
その翌年、源頼朝が死去し、源頼家が、鎌倉幕府2代将軍に就任しました。
源頼家は、比企宗員、比企時員、中野能成らの若者を近習にしています。
しかし、源媄子が産まれた翌年1203年、源頼家が病気で寝込んでいる間に、比企能員の変にて、北条時政らにより、比企能員が殺害され、比企ヶ谷の比企一族は滅ぼされました。
この時、母と考えられる若狭局と一幡は、共に逃げたともされますが、いずれにせよ、北条義時の郎党の襲撃を受けて、命を落としています。

北条義時の妻・姫の前も、比企朝宗の娘だったため、乱のあとに離別し、京都に登ると源具親と再婚したものと考えられます。



なお、源媄子 (竹御所・源鞠子) は、まだ幼ったこともあり、祖母・北条政子が保護したようです。
建保4年(1216年)3月5日、北条政子の命により、叔父の3代将軍・源実朝と、正室・坊門信子の養女(猶子)となりました。

1219年、異母兄の公暁が、源実朝を暗殺し、公暁も三浦義村によって討たれたため、源頼朝の血筋は、源媄子 (竹御所・源鞠子) だけとなっています。

1225年、北条政子が死去すると、鎌倉幕府において、女性実力者のトップとなり、葬儀や仏事を中心となって行ったため、御家人の尊敬を集めたと言います。

1226年、藤原頼経(ふじわら-の-よりつね)が、鎌倉幕府第4代将軍に就任。
<注釈> 幕府は北条家による執権政治となっており、源実朝が暗殺されたあとは、主に朝廷から征夷大将軍を迎えて、形だけ配した。

寛喜2年(1230年)12月9日、29歳だった源媄子 (竹御所) は、まだ13歳の第4代将軍・藤原頼経と結婚しました。
夫婦仲は良かったと伝わっおり、やがて懐妊しますが、1234年、北条時房邸にて、難産の末に男児を死産し、気を失っていた源媄子 (竹御所) も、4時間後に死去しました。享年33。
これにより、源頼朝と北条政子の直系は、断絶しています。
京都にいた鎌倉武士は、源氏・将軍の血筋が断えたことに動揺して、こぞって鎌倉に帰って行ったともあります。
翌年には、父・源頼家も、伊豆の修禅寺に幽閉されたあと、暗殺されました。享年23。



歴史に、if(もし)は、禁物ですが、源媄子 (竹御所) が無事に男子を産み、その男子が征夷大将軍を継ぐことになり、御家人からも期待されていた源媄子 (竹御所) が後見したら、その先は、また違った鎌倉幕府があったかも知れません。

その後、比企能員の屋敷があった場所には、1260年、比企能本妙本寺を開基し、その中に比企一族の墓、一幡の振袖塚、若狭局の蛇苦止堂、源媄子の墓があります。

源媄子(竹御所)の墓

比企能員(ひき-よしかず)の解説 北条氏にハメられた?【比企能員の変】
比企能員の妻~鎌倉殿の13人で堀内敬子さんが演じられる「道」(みち)と言う女性とは?
1分でわかる北条義時の解説【鎌倉殿の13人】鎌倉幕府第2代執権
比企朝宗の解説【鎌倉殿の13人】比企一族で姫の前の父
比企能員の娘【若狭局】(讃岐局)~次期将軍・源一幡の母
源頼家の解説~5分でよくわかる鎌倉幕府第2代将軍「2代目鎌倉殿」
5分でよくわかる【北条義時】の解説~鎌倉幕府・第2代執権の生涯「小栗旬さん主演鎌倉殿の13人」
比企氏の乱(比企能員の変・比企能員の乱)~わかりやすく徹底解説
比企能本の解説~生き残り順徳天皇に仕えた比企氏出身の僧侶
鎌倉・妙本寺(みょうほんじ)の解説~一幡の袖塚・比企一族供養塔・竹御所の墓・蛇苦止堂【鎌倉・比企氏館】