比企能本の解説~生き残り順徳天皇に仕えた比企氏出身の僧侶

目次 contents
  1. 比企能本とは

比企能本とは

比企能員の末子・比企能本(ひき-よしもと)は、鎌倉時代前期の僧侶で、1202年に、鎌倉幕府有力御家人・比企能員の末子として生まれました。
母は、三浦氏の娘(比企能員の側室か継室)と推測できます。
1203年、比企氏の乱にて、比企氏館が攻撃され、 比企一族の多くが自刃し、比企氏は滅亡しました。

比企能本

竹御所、2歳だった比企大学三郎能本、そして母と考えらる妻妾は、助命され、母の実家筋と考えられる、和田義盛に預けられたとあります。
その後、安房国へ配流となった模様です。

一説では、その後、伯父・比企伯耆法印圓顕に引取られ、京都の東寺に身を隠しながら学問に励んだともあります。
なお、比企能本も「円顕」と僧侶の名前で呼ばれていますので、比企伯耆法印圓顕とは同一人物の可能性も捨てきれません。
いずれにせよ、比企能本(比企大学三郎能本)は僧侶の道へと進み、京都へ赴くと学問に励みました。
そして、僧侶と言うよりは、能書家・儒者と言う識者として知られるようになり、順徳天皇に仕えました。



なお、比企氏の男子で生き残ったのは、比企能本だけではないと言えます。
比企能員の嫡男・比企時員が、比企の乱で命を落としていますが、その比企四郎時員の妻(足立遠兼の娘?)は生きており、既に妊娠していた子が誕生しています。
その比企時員の子は、比企員茂(比企次郎員茂)と名乗りました。
そして、比企能本(圓顕)が仲介し、比企員茂は、京都の順徳院の北面武士として仕えたとあります。

1221年、承久の乱にて、順徳天皇が佐渡に配流になった際には、比企能本(圓顕)も供をしました。



1230年、姪にあたる源頼家の娘・竹御所(29歳)が、鎌倉幕府4代将軍・九条頼経(藤原頼経)(13歳)の妻になると、比企能本(圓顕)は許されて、鎌倉に戻りました。
1234年、竹御所が出産時に死去したことから、自仏像であった釈迦如来像を祀るため、新釈迦堂の建立を提案します。
そして、1235年(嘉禎元年)、新釈迦堂が建立されました。
1243年には、比企一族と考えられる仙覚(せんがく)が、新釈迦堂の寺住となっています。

1253年、比企能本(圓顕、60歳)は、安房出身である日蓮の弟子となります。
一説によると、比企能本の妻や、高齢の母も、日蓮に帰依し、母は「妙本」の名を与えられたと言います。

1260年には、比企ヶ谷の比企氏館跡に、姉・讃岐局(若狭局)の菩提を弔う「法華堂」を建立し、比企一族の菩提を弔ったとされ、これが現在の妙本寺の前身となります。



1274年2月、執権・北条時宗が、佐渡に流罪となっていた日蓮を赦免し、3月26日に鎌倉に帰還しています。
すると、比企能本(圓顕)は、比企氏館跡の法華堂を、日蓮に寄進したとされ、日蓮が鎌倉・妙本寺を開山しました。
鎌倉・妙本寺の山号である「長興」は、父・比企能員の法名であり、寺号である「妙本」は、母の法名です。
また、比企能本が供養したとされる、妙本寺にある母の墓には「能員の妻 三浦氏 妙本」とります。
母の墓のほか、鎌倉・妙本寺の境内には、比企一族の墓、一幡の袖塚、若狭局を祀る蛇苦止堂などがあります。

若狭局・法華堂

なお、江ノ島近くの腰越に、比企高家の屋敷(比企能本の屋敷)があったようです。
その後、日蓮上人の直弟子・日朗の弟子である日行が開山し、腰越・本龍寺になっています。
比企能本は、1286年に亡くなっていますが、境内には、比企能本と同一人物ともされる、比企高家の墓もあるようです。

その亡くなった年に、比企能本は、身延山に本行坊(ほんぎょうぼう)を開基しており、日蓮が開眼し比企能本に与えたと伝わる、帝釈天像が祀られています。

比企能本の法名は本行院日学。(本行院日学上人)
妙本寺にある比企氏一族の墓の中には、日学夫妻の供養塔もあるため、比企能本には、妻もいたようです。

比企氏の乱(比企能員の変・比企能員の乱)~わかりやすく徹底解説
比企能員(ひき-よしかず)の解説 北条氏にハメられた?【比企能員の変】
日蓮【日蓮上人】日蓮聖人とも呼ばれる鎌倉時代の僧をわかりやすく2分で解説
身延山・久遠寺 スケールが大きく荘厳な日蓮宗の聖地
鎌倉・妙本寺(みょうほんじ)の解説~一幡の袖塚・比企一族供養塔・竹御所の墓・蛇苦止堂【鎌倉・比企氏館】
黒木御所跡 鎌倉時代初期の順徳上皇配流地
謎の【比企能員】出自・出身を探る~安房国出身の三浦一族なのか?
佐渡・根本寺 日蓮上人にゆかりある霊跡
比企能員の娘【若狭局】(讃岐局)~次期将軍・源一幡の母
源媄子(竹御所・源鞠子)の解説~2代将軍・源頼家と若狭局との娘
鎌倉・常栄寺【桟敷の尼】印東祐信の妻~日蓮に「ぼたもち」をあげて命を救った?