天野遠景の解説~源頼朝から信頼された伊豆の鎌倉御家人

目次 contents
  1. 天野遠景とは

天野遠景とは

天野遠景(あまの とおかげ)は、平安時代末期の武将で、藤原南家工藤氏の一族、藤原南家為憲流ともされます。
天野氏の出自には諸説ありますが、父は、藤原景光とされ、1141年に、鎌倉にて、天野遠景が生まれたともされます。
この父とされる藤原景光 (藤原藤七郎景光)の父は藤原遠兼(入江左近大夫)であり、その藤原遠兼の子に、武蔵国足立郡の足立遠元がいます。
一時期、天野遠景は、足立遠元の猶子になったともされます。
また、藤原遠兼の弟は安達盛長(藤九郎盛長)ともされますが、この足立氏、安達氏、天野氏だけでなく、工藤氏も、系図がハッキリしない箇所があり、不明瞭の部分が多いです。
養子で入ったり、出されたりしていたものと考えられます。



例えば、工藤氏には、工藤行光の父・工藤景光がおり、源頼朝の挙兵時から従っています。
工藤氏はもともと藤原氏ですので、この工藤景光は、藤原景光と呼ばれても、間違いではありません。
しかし、工藤行光の父・工藤景光と、天野遠景の父とれさる藤原景光が、同一人物なのかは、不明といったところです。

いずれにせよ、天野遠景は、1167年頃、伊東祐親に預けられていた、源頼朝と狩や相撲などの交流が見られ、その頃、は、伊豆国田方郡天野郷を本貫地にしていたようです。
天野郷は、伊豆長岡温泉のあたりで、北には北条荘北条時政、南には狩野城の狩野茂光(工藤茂光)がいると言う感じの場所になります。
なお、天野遠景は天野藤内、伊豆藤内とも呼ばれています。
この藤内の意味としては、天野遠景は、内舎人に任官していたため、通称・天野藤内を称したと言えます。
内舎人(うどねり)と言うのは、天皇がいる朝廷(宮中)に宿衛し、雑使や警護を行う役目であり、平安時代には、そんなに身分が高くない者が就いていたようです。
そして、出身により源内、平内、藤内などと称したため、天野遠景は藤原氏を祖にもつと言う事が言えます。
比企朝宗も、藤内を称しています。

天野遠景の妻は、狩野茂光の娘であり、1170年、天野遠景は、伊豆の狩野茂光(工藤茂光)に従って、伊豆大島で暴れていた源為朝の討伐に、加藤景廉らと参じてもいます。

源頼朝が挙兵前に打ち明けた信頼できるメンバーが、工藤茂光・土肥実平岡崎義実・宇佐美佑茂・佐々木盛綱・加藤景廉となりますが、天野遠景も、そのひとりでした。
1180年、源頼朝が挙兵すると、天野遠景と子の天野政景は、狩野茂光(工藤茂光)らと共に参じましたが、石橋山の戦いにて敗北します。
その後、伊豆に戻っていたとみられ、富士川の戦いの際に、平氏に合流しようとした伊東祐親を捕縛しました。



1183年、源頼朝が木曾義仲との交渉で、派遣した使者に、天野政景もおり、木曾義仲の嫡子・木曾義高を人質にして和睦することに成功しています。
このように鎌倉幕府にて、天野政景は、重要な仕事をしており、1184年には、鎌倉に招いた一条忠頼を、源頼朝の命にて、酒宴の最中に、天野遠景が暗殺しています。
平氏討伐では、源範頼の軍勢に加わり、周防国から豊後国へ渡り、1185年末には、源義経にかわって鎮西奉行人(九州惣追捕使)となり、平家の勢力が強い九州を、鎌倉幕府の支配下に置くことにも務めました。
鎮西奉行の宇都宮信房と、鬼界ヶ島の平氏残党を討伐(貴海島征伐)もしています。
天野遠景は九州・大宰府近くで、10年近く鎌倉幕府の統治を進めましたが、土豪や寺社の反発が強く、1194年頃までには職を解任されると、本貫の伊豆・天野郷に戻ったとされます。

1199年、源頼朝が亡くなると、天野遠景は出家して天野遠景入道蓮景と号しました。
しかし、活動は引き続き見られ、1199年、梶原景時の変では、66名の糾弾連判状に、工藤行光・中原仲業などと共に、天野遠景入道の名があります。
また、1203年、比企能員が暗殺された際には、北条時政の命に従い、天野遠景、仁田忠常らが、比企能員を切りました。

恩賞が少なかったのか、1207年、天野遠景は、自身の勲功11ヶ条を北条義時に提出し、恩賞を望んだと、吾妻鏡にあります。
天野遠景の没年は、1208年で、享年63歳とも、諸説あり。



なお、天野遠景の子・天野政景は、1221年、承久の乱で活躍し、長門国守護となり、遠江国周智郡山香荘(静岡県浜松市)や、信濃国、相模国などに、多くの所領を持ちました。

戦国時代には、今川家に従っていた犬居城主・天野景貫や、毛利元就に従った安芸・米山城の天野隆綱などがいます。