3分でわかりやすく解説「加藤景廉」~源頼朝から信頼された武将

加藤景廉とは

加藤景廉(かとう-かげかど)は平安時代末期の武将で、1156年?に加藤景員(かとう-かげかず)の次男として生まれました。
通称は加藤次(かとうじ)で、兄に加藤光員(かとう-みつかず)がいます。
この加藤氏は、藤原利仁(ふじわらのとしひと)の末裔ともされ、橘永愷(能因)を先祖に持ちますが、橘氏ではなく、母方の加藤氏を称するようになったともされます。

加藤景廉

源平盛衰記によると、父・加藤景員は、伊勢国目代でしたが、平家の家人を殺害した事から、子の加藤光員・加藤景廉を連れて、伊豆の豪族・狩野茂光の元に身を寄せたと言います。
流刑だったとの記述は見られず、単に頼ったとも考えられます。

伊豆・牧之郷

1156年、保元の乱に敗れた源為朝が、伊豆大島に流刑になりますが、その伊豆諸島を従えるようになり、領主である工藤茂光は当日の許可を得ます。
討伐軍によって、これまでと堪忍した源為朝は、自刃しますが、そのとき、加藤景廉が既に自害していると確認して、源為朝の首を取ったとされます。

1180年、伊豆にて流罪となっていた源頼朝が挙兵を相談した武将として、工藤茂光(狩野茂光)、土肥実平岡崎義実天野遠景、佐々木盛綱らがいますが、その中に、加藤景廉の名も見られます。
山木兼隆を襲撃した際、加藤景廉は、源頼朝から長刀を与えられ「兼隆の首を討って持参すべし」と命じられました。
そして、佐々木盛綱と加藤景廉が討ち取る武功をたてています。
父・加藤景員、兄・加藤光員も、石橋山の戦いに参じましたが、源氏勢は敗走します。



老齢だった父・加藤景員は、逃げるのに足手まといになるとして、山中で出家し、子供たち兄弟は甲斐国大原荘(富士吉田市、富士河口湖町)に逃れました。
そして、北条時政北条義時らと甲斐源氏の武田信義・安田義定らに味方し、鉢田の戦いにて、駿河目代・橘遠茂に勝利しました。
<注釈> 合戦場となった波志山と鉢田山の場所は、特定されていないため不明。

1182年、盃酌の儀(杯をやりとりして酒を酌み交わす)にて、加藤景廉は、酒を飲み過ぎて、気を失ったとあります。
大騒ぎとなり、佐々木盛綱が抱えて連れて行き、退去し療養を行った。これによって酒宴はお開きとなった。

その後、兄・加藤光員と源範頼の軍勢として、平氏討伐でも活躍。
ただし、病身をおして出陣したようで、そのことを鎌倉にいた父・加藤景員が、源頼朝に伝えると、驚いた源頼朝は、源範頼へ命令書を出し、加藤景廉を療養させ、平癒したら、早く鎌倉に戻すように指示しています。
無事に鎌倉に戻ると、加藤景廉は源頼朝の側近として仕え、奥州・藤原氏の討伐でも武功があります。
1185年、源頼朝は恩賞として、加藤次景廉に美濃・遠山庄を与えています。

1193年、源頼朝は、安田義資を誅殺する際に、信頼できる加藤景廉と梶原景時に命じており、遺領の遠江国浅羽庄(袋井市)を追加で与えられました。
武藤頼平が奉行したとされます。



源頼朝の死後、1200年、北条氏の策略にはまった梶原景時が滅ぼされた際に、加藤景廉も連座しましたが、所領没収などは最小限だったようです。
1203年9月、比企能員の変では、北条時政の命を受けて、比企能員を謀殺した天野遠景と仁田忠常でしたが、今度は源頼家から北条時政暗殺を仁田忠常が命じられたため、北条義時が加藤景廉と子の遠山景朝を使って、仁田忠常を謀殺しています。
また、比企館が焼け落ちる中、比企能員の嫡男・比企余一郎兵衛尉は、女装して抜け出しましたが、道中にて補足した加藤景廉が討ち取りました。
なお、源頼家は追放され、翌年、伊豆の修禅寺にて、23歳の命を散らしている。

その後も、和田合戦などでの活躍が認められて、加藤景廉も鎌倉幕府3代将軍・源実朝のときには、評定衆となりました。

和田合戦

その源実朝が、鶴岡八幡宮を参詣したとき、公暁が襲撃して殺害しましたが、この時、警護担当だった加藤景廉は、責任を感じて出家し、覚蓮坊妙法と称しています。
1221年6月、承久の乱では宿老の一人として鎌倉に留まりましたが、既に高齢であり、8月3日に死去しました。享年66。
家督は、嫡男・遠山景朝が継いでおり、加藤一族の墓所は、静岡県伊豆市牧之郷にあります。



なお、子の遠山景朝は、美濃・遠山荘(岐阜県恵那市)へ移ったようで、戦国時代には遠山景任などがいます。
豊臣秀吉の賤ヶ岳の七本槍の一人で、築城の名手である加藤嘉明も子孫となります。
伊達政宗の重臣・片倉小十郎(片倉景綱)も、先祖は加藤景廉だとしています。
小田原城の北条氏に従った、江戸城の遠山直景も、同じです。
また、江戸時代には、名奉行で知られる旗本・遠山景元(遠山金四郎、遠山の金さん)を輩出しました。

伊豆・加藤景廉一族の墓

静岡県伊豆市牧之郷には、加藤景廉一族の墓があります。

加藤景廉一族の墓

この付近には、昔、加藤氏の菩提寺と考えられる金剛寺があったとされます。
江戸時代の中期である天明5年(1785年)に、墓の下から加藤景廉の孫である善願上人(ぜんがんしょうにん)の蔵骨器(舎利瓶)が発見されました。
現在、加藤一族の墓として、6基の五輪塔が並べられていますが、昭和33年の狩野川台風によって、流失したのを集めたようです。

加藤景廉一族の墓

伊豆箱根鉄道の線路わきを通る、農道沿いにあります。
駐車場ありません。道路は1.1車線で対向車とすれ違いできませんので、農家の皆様にご迷惑をお掛けしないよう、通りすがりで撮影して退散致しました。
場所は、当方のオリジナル地図にて、ポイントしておきます。

伊豆・狩野城【工藤茂光】(狩野茂光)と最後の城主である狩野道一
浦添城 舜天とは 浦添ようどれ 源為朝が沖縄に逃れたと言う伝承 察度も
鎌倉幕府とは 武家政権設立までの道のりをわかりやすく
石橋山古戦場(石橋山の戦い)【源頼朝挙兵】参加武将など合戦経緯と訪問方法(駐車場)
仁田忠常の解説【鎌倉殿の13人】北条氏に味方するも
天野遠景の解説~源頼朝から信頼された伊豆の鎌倉御家人
比企能員の妻~鎌倉殿の13人で堀内敬子さんが演じられる「道」(みち)と言う女性とは?
城めぐりにも便利なオリジナル関東地図