和田義直をわかりやすく手短に解説【鎌倉殿の13人】和田義盛の4男




スポンサーリンク



目次 contents
  1. 和田義直とは

和田義直とは

和田義直(わだ よしなお)は鎌倉時代前期の武将で1177年に生まれた。
父は和田義盛で4男?とも考えられる。母は不詳。
別名は金窪四郎。
他に兄弟としては和田常盛、和田義氏、朝比奈義秀和田義重、和田義信、和田秀盛、杉浦義国らがいる。

2022年NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では俳優の内藤正記さんが和田義直を演じられる。





和田義重は「石動丸」(いするぎまる)とも「不動丸」とも言う名刀を愛蔵していたことでも知られる。

1213年(建保元年)2月、信濃の泉親衝が前将軍・源頼家の遺児である千寿を擁して北条義時打倒の乱を企てた。(泉親衡の乱)
信濃にはかつて比企能員と親しかった御家人が多かったと言う。
そして、阿静房安念という僧侶(泉親衡の郎党・青栗七郎の弟)が千葉成胤を訪ねて協力を求めた。
千葉成胤は安念をとらえて大蔵御所に連行。
金窪行親の調べで安念が自白すると約130人の御家人の名が上がり、翌日、和田義盛の子である和田義直、和田義重、甥の和田胤長上総広常の甥・臼井十郎、八田知家の子である八田三郎らが鎌倉にて捕縛された。(泉親平は行方をくらました)
このとき、和田義盛は自領の上総国伊北荘(いぎた)にいて鎌倉を留守にしていたという。

このあたり、泉親衡の乱に関しては、泉親衡の紹介のところにて触れているため割愛させて頂く。

泉親衡(いずみちかひら)の解説【泉親衡の乱】わかりやすい経緯も詳しく

捕縛された和田義直は、伊東祐長に預けられている。
非常に問題だったのは、和田義直、和田義重、甥の和田胤長と、和田一族の多くも加担していたことだ。

鎌倉に戻った父・和田義盛は一族98名を連れて御所に赴くと、北条義時の許しも得て、和田義直と弟・和田義重は赦免。
しかし、和田胤長は主犯格のひとりと考えられ二階堂行村に引き渡されたのち、陸奥国岩瀬郡へ配流となった。
通例では配流となった一族所有の屋敷は、同じ一族が引き継げることになっていて、一旦、和田義盛が拝領した。
しかし、北条義時が反対したため和田胤長の屋敷を明け渡している。
そのため、和田氏は面目を潰された格好となり和田合戦に繋がったと言えよう。

将軍・源実朝の近くで仕えていた和田朝盛(和田新兵衛尉朝盛)が、源実朝に弓は引けないとして出家しして京都へ向け旅立つと、和田義盛の命を受けた和田義直が駿河国手越にて和田朝盛を鎌倉に連れ戻している。
軍略家ともされる和田朝盛が鎌倉に戻ると数日後、和田義盛は挙兵した。

1213年5月、和田義盛の乱となり、和田義重は伊具盛重に討ち取られて討死。享年37。
名刀・石動丸も行方不明となった。





ただし、和田義直は高知県土佐郡土佐町和田に落ち延びたと言う伝承がある。
1216年、讃岐国和田浜(香川県観音寺市豊浜町和田浜)に下向し7年間住んだあと土佐国に移住したともある。
恐らくは、成長した和田義直の子?らが地頭職を許されたのであろう。
戦国時代の和田義清・和田義光の親子らは長宗我部氏に従っていた。

1979年のNHK大河ドラマ「草燃える」では俳優の安永憲司さんが和田義直を演じられた。

5分でわかる「和田義盛」の要点解説
朝比奈義秀をわかりやすく解説【鎌倉殿の13人】剛勇の御家人
和田義重のちょこっと解説(わかりやすく)【鎌倉殿の13人】和田義盛の5男
和田胤長をわかりやすく解説【鎌倉殿の13人】泉親衡の乱に加担し須賀川に流罪となる
泉親衡(いずみちかひら)の解説【泉親衡の乱】わかりやすい経緯も詳しく
渋河兼守(渋川兼守)とは?鎌倉「歌の橋」解説
相模・和田城 鎌倉幕府別当・和田義盛の居城
5分でよくわかる【北条義時】の解説~鎌倉幕府・第2代執権の生涯「小栗旬さん主演鎌倉殿の13人」
金窪行親の解説【鎌倉殿の13人】北条義時の側近として活躍した御内人
朝比奈義秀をわかりやすく解説【鎌倉殿の13人】剛勇の御家人
横山党【横山時兼】2分解説~武蔵・八王子を本拠に3000騎を有した鎌倉有力御家人
和田塚が1分でわかる解説【和田合戦】鎌倉の市街地であった戦い