一条高能を簡潔にちょこっと解説~大姫との縁談もあった公卿




スポンサーリンク



目次 contents
  1. 一条高能とは

一条高能とは

一条高能(いちじょう-たかよし)は、鎌倉時代初期の公卿で政治家。
生まれは平安時代末期の1176年で、父は原北家中御門流・一条能保。
母は源義朝の娘・坊門姫であることから、源頼朝は伯父にあたる。
そのため、成長した若き一条高能が源頼朝の後援により1184年、左馬頭となると鎌倉幕府朝廷との仲介をする立場となって活躍した。
北条時政の後任として1186年3月~1197年10月まで父・一条能保が京都守護も務めてたが死去。
その後、父の死を受けて一条高能が京都守護職となって、若くして従三位に叙されている。
更に、源頼朝の娘・大姫との縁談が進められたが、大姫が拒絶して破談となっている。

なお、この間、1196年、土御門通親九条兼実が対立し建久七年の政変となると一条家は土御門通親に味方し、参議に昇進して公卿となっていた。

一条高能の妻は、松殿基房の娘、糟屋有季の娘、藤原兼光の娘、四条隆季の娘がおり、戸としては一条能氏、一条頼氏、一条行能、一条能継、九条基家の妻などがいる。

しかし、父の没後から約1年後の1198年、一条高能は病死。享年23。

のち1221年、後鳥羽上皇と鎌倉幕府北条義時が対立した承久の乱では、弟の一条信能と一条尊長らが上皇方の首謀者とされ処刑されている。

九条兼実のちょこっと解説~玉葉を書いた鎌倉幕府に近い公卿(鎌倉殿の13人)
大姫の解説【源頼朝・北条政子の長女】
藤原兼子(卿局)の解説「後鳥羽上皇の側近」となった鎌倉時代の女性政治家
北条政子の解説【尼将軍と呼ばれた御台所】鎌倉殿の13人「キーパーソン」
5分でよくわかる【北条義時】の解説~鎌倉幕府・第2代執権の生涯「小栗旬さん主演鎌倉殿の13人」
2分でわかる「北条泰時」の解説~御成敗式目を制定した鎌倉幕府3代執権
土御門通親(源通親)【鎌倉殿の13人】要点ちょこっと解説~朝廷の政治家として権力を強める
鎌倉殿の13人 キャスト・出演者一覧リスト【NHK2022年大河ドラマ】